産経ニュース

【広角レンズ】海賊版サイト問題 「いたちごっこ」20年 漫画家ら対抗策模索

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【広角レンズ】
海賊版サイト問題 「いたちごっこ」20年 漫画家ら対抗策模索

 人気漫画を無断でインターネット上に公開する「海賊版サイト」。約20年にわたり漫画家や出版社などを悩ませ続けるこれらのサイトへの危機感が高まっている。「漫画村」(4月に接続不能)など、一見公式と見まごうような精巧な海賊版サイトもあり、政府や出版社、漫画家らは対抗策を模索している。(本間英士)

運営者の特定困難

 「20年以上にわたる“いたちごっこ”」。問題解決に長年携わる漫画家の赤松健さんは、海賊版との戦いの歴史をこう表現する。

 漫画の海賊版がネット上で問題化したのは今から約20年前。漫画の電子データは音楽や動画より軽く、作者らに無断でやりとりされ始めた。年々進むネットの高速化とともに、状況は悪化の一途をたどっている。

 海賊版サイトの運営は、日本人が行っているとみられる。だが、東欧など海外のサービスを巧妙に利用しており、特定が難しい。例え一つサイトを潰しても、データはネット上に残っているため、すぐに別のサイトが現れる。まさに、“いたちごっこ”の状況だ。

続きを読む

「エンタメ」のランキング