産経ニュース

ディーンのハマリ役モンテ・クリスト・真海 最終回は2時間SP

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


ディーンのハマリ役モンテ・クリスト・真海 最終回は2時間SP

ハマリ役といわれたディーン・フジオカのクールな演技(C)フジテレビ ハマリ役といわれたディーン・フジオカのクールな演技(C)フジテレビ

 復讐劇として盛り上がりを見せているフジテレビ系木曜劇場「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」が、いよいよ14日に最終回を迎える。ラストは午後9時からの2時間スペシャルとなる。

 主人公のモンテ・クリスト・真海(かつての柴門暖、ディーン・フジオカ)が、自分を陥れたかつての親友、先輩たち(大倉忠義、新井浩文、高橋克典)に容赦ない復讐を展開していくが、そんな復讐鬼をクールに演じ「ミステリアスな主人公がハマリ役」「持ち合わせる気品が真海にぴったり」など、渾身の演技に評価が高まっているディーンが「ハマリ役と言っていただける役に出会えるというのはめったにないことなのでうれしい。俳優って自分がイニシアチブを取る(主導する)仕事ではないじゃないですか。だからそういう役と巡り合わせていただけて本当にありがたい、光栄なことだなと思います」とコメントを寄せた。

 そして、最終回の見どころについて「見ないと損ですよ、絶望の向こう側を」と含み笑い。「絶望の後には希望しかないんじゃないかって思いたい。でもどうなるんでしょう。ドラマは一つの絵画のようなもの。最後の絵がどういう絵になるのか…」と真海さながらの気品あふれる話しぶりだった。

 ラストで明かされるそれぞれの15年の思いと真実。絶望の向こう側に見えたものとは? 出演は山本美月、高杉真宙、葉山奨之、岸井ゆきの、山口紗弥加、伊武雅刀、稲森いずみら。

(産経デジタル)

「エンタメ」のランキング