産経ニュース

日本アニメ、サウジでも人気 「歴史的な出来事」初の合作も日本初上陸へ

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


日本アニメ、サウジでも人気 「歴史的な出来事」初の合作も日本初上陸へ

サウジアラビアの民話を基にしたアニメ「きこりと宝物」のワンシーン サウジアラビアの民話を基にしたアニメ「きこりと宝物」のワンシーン

 映画上映の解禁など文化面での改革が進むサウジアラビアで、日本の漫画やアニメーションの人気が高まっている。日本企業とアニメを共同制作する試みも始まり、5月20日には日本で放送予定だ。「サウジのアニメが日本で初めて放送される。歴史的な出来事だ」。制作を手掛けるサウジ企業「マンガプロダクションズ」のブカーリ・イサム最高経営責任者(CEO)(39)は自信を見せる。

皇太子もアニメ好き

 「私は日本のアニメを見て育ちました。『キャプテン翼』に『UFOロボ グレンダイザー』、『ベルサイユのばら』…。日本アニメの主人公は、自分にとって目標になるキャラクター。私も、そういうアニメを作っていきたいですね」

 早稲田大への留学経験もあるブカーリ氏は、流暢(りゅうちょう)な日本語でこう語った。

 ブカーリ氏率いるマンガプロダクションズは2011年に設立。サウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子が設立した「ミスク財団」の子会社で、アニメやゲームなどのコンテンツ制作を手掛けている。

 サウジはこれまで、イスラム教の戒律や慣習を重視し、映画の上映など各種娯楽を制限してきたが、2017年に皇太子に就任したムハンマド氏が改革に着手した。皇太子は日本アニメ好きで知られ、娯楽産業の育成にも努めている。昨年11月にはTBSとの間で、バラエティー番組「風雲!たけし城」の中東版制作の契約も交わした。

続きを読む

このニュースの写真

  • 日本アニメ、サウジでも人気 「歴史的な出来事」初の合作も日本初上陸へ
  • 日本アニメ、サウジでも人気 「歴史的な出来事」初の合作も日本初上陸へ

「エンタメ」のランキング