産経ニュース

ベンチャーズのギター奏者、ノーキー・エドワーズさんが日本に残したもの

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


ベンチャーズのギター奏者、ノーキー・エドワーズさんが日本に残したもの

船上でほほえむ加山雄三さん(左)とノーキー・エドワーズさん(C)加山プロモーション 船上でほほえむ加山雄三さん(左)とノーキー・エドワーズさん(C)加山プロモーション

 「テケテケサウンド」で1960年代にエレキギターブームを巻き起こし、音楽面でも風俗面でも日本ではビートルズをしのぐ影響を及ぼしたのが米国のロックバンド、ベンチャーズだ。その中心的ギター奏者だったノーキー・エドワーズさんが3月12日、82歳で亡くなった。生前何度も日本を訪れた。親交を結んだ音楽家らが、「ギターの神様」の足跡と素顔を振り返る。

哀愁

 タレントのエド山口さん(69)は、「東京ベンチャーズ」と命名したバンドを率いてギターの腕前を披露している。ベンチャーズ愛の深さを物語る。

 エドさんは、「ノーキーの演奏はしっとりとしていて哀愁を漂わせている。短調の曲に合う音色が、『わび・さび』を愛する日本人の胸に響いた」と日本で彼らが突出して愛される理由を分析する。

 ビートルズ旋風が吹き荒れる依然、ベンチャーズを含めギター演奏を売り物にしたバンドが多数いた。にもかかわらず、ベンチャーズが日本で圧倒的に支持されたのは、その哀愁の音色に秘密があるというわけだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • ベンチャーズのギター奏者、ノーキー・エドワーズさんが日本に残したもの
  • ベンチャーズのギター奏者、ノーキー・エドワーズさんが日本に残したもの

「エンタメ」のランキング