産経ニュース

若者向けドラマが“オバ女子”に支持された理由…月9「海月姫」座談会

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


若者向けドラマが“オバ女子”に支持された理由…月9「海月姫」座談会

座談会に参加したF3層の50代の“オバ女子”たち(左側4人)とF1層の25歳女子=東京・台場のフジテレビ 座談会に参加したF3層の50代の“オバ女子”たち(左側4人)とF1層の25歳女子=東京・台場のフジテレビ

 芳根京子(21)主演の月9「海月姫(くらげひめ)」(月曜後9・0、フジテレビ系)がクライマックスを迎える。12日に第9話がオンエアされ、最終回がいよいよ19日に放送される。

 東村アキコさん漫画原作のシンデレラ・ストーリー。オタク女子、月海(芳根)の人生はどうなっていくのか。女装美男子の蔵之介(瀬戸康史)、弟で童貞エリートの修(工藤阿須加)のどちらを選ぶのか。「尼~ず」(木南晴夏、松井玲奈、内田理央、富山えり子)たちはどこへ向かうのか。

 視聴率は毎回苦戦していたが、録画やFOD(フジテレビオンデマンド)などの配信では確実に視聴されており、SNSでも反響は高かった。そんななか、実は珍現象が起きていた。若者向けドラマといわれるブランド枠「月9」がなぜか今回50、60代の“オバ女子”たちから支持されていたのだ。同局HPに寄せられた賞賛の声、約1500件のうち、50代の女性の声は約200件にも及ぶ。こんな声が上がっていた。

 「テレビは大好きだが、フジの番組はキャストが興味のある人でもつまらないことが多くまったく見る気がしなかった。ところが今回、20歳の息子に勧められ途中から見始めたらすごく面白かった」

 「笑って、キュンとして、ホロリとするドラマ。まさにラブストーリーの王道・月9が帰ってきた感じ」

 「東京ラブストーリー」(1991年)「ロングバケーション」(96年)「やまとなでしこ」(2000年)など月9ドラマ全盛期世代。月9不要論も叫ばれるなか、なぜ、オバサマたちの心に“刺さった”のか。

続きを読む

このニュースの写真

  • 若者向けドラマが“オバ女子”に支持された理由…月9「海月姫」座談会

「エンタメ」のランキング