産経ニュース

【大杉漣さん死去】大杉漣さん最期を看取った松重豊「日本の映画、僕たちを見守って」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【大杉漣さん死去】
大杉漣さん最期を看取った松重豊「日本の映画、僕たちを見守って」

大杉さんと「アウトレイジ 最終章」で共演した左から大森、瀧、たけし、松重、金田時男氏。故人を明るくしのんだ=東京・高輪(撮影・長尾みなみ) 大杉さんと「アウトレイジ 最終章」で共演した左から大森、瀧、たけし、松重、金田時男氏。故人を明るくしのんだ=東京・高輪(撮影・長尾みなみ)

 俳優、松重豊(55)が25日、東京都内で行われた第27回東京スポーツ映画大賞の授賞式に出席。21日に急性心不全で亡くなった俳優、大杉漣さん(享年66)を、出演映画「アウトレイジ 最終章」の共演陣とともに追悼した。テレビ東京系「バイプレイヤーズ」(水曜後9・54)の撮影後に容体が急変した故人の最期を看取った1人。「漣さん、これからも日本の映画、僕たちを見守ってください」と天国に呼びかけた。(サンケイスポーツ)

 「アウトレイジ」軍団が急逝した大杉さんに手向けの言葉をおくった。

 松重は「アウトレイジ 最終章」で東京スポーツ映画大賞の助演男優賞を大杉さん、大森南朋(46)、ピエール瀧(50)とともに受賞。大杉さんとは松重の映画デビュー作「地獄の警備員」(1992年)で初共演。当時を「映画の楽しさを手取り足取り教えていただいた」としんみり振り返った。

 大杉さんは20日、千葉県内で行われたテレ東系「バイプレイヤーズ」の撮影後に体調不良を訴え、同県内の病院へ向かったが、そのまま帰らぬ人に。その際、タクシーで病院まで付き添い、最期を看取った共演者の1人が、松重だ。

 大杉さんはもともと仕事の都合で式には欠席予定だったが、松重は「『一緒に賞をいただける』とつい4日前くらいに千葉の海で話していた」と沈痛な表情。「湿っぽいことが漣さんは嫌いだったので、前を向いてみんなで頑張っていきたい。漣さん、これからも日本の映画、僕たちを見守ってください」と天を見上げた。

 大森は「大杉漣さんとこの賞をとれたことを誇りに生きていこうと思います」。瀧は劇中で暴力団のトップ役を演じた大杉さんに「組長、(賞を)いただきました!!」と呼びかけた。

続きを読む

「エンタメ」のランキング