産経ニュース

【鑑賞眼】歌舞伎座「二月大歌舞伎」 清新な気概、みなぎる新幸四郎

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【鑑賞眼】
歌舞伎座「二月大歌舞伎」 清新な気概、みなぎる新幸四郎

 1月に次ぎ高麗屋(松本幸四郎家)の親、子、孫三代同時襲名披露興行。直系三代は驚きだが、見る側にも三代同時があちこち。それぞれに感極まる声が挙がる。

 襲名披露狂言で、新幸四郎の清新な気概がみなぎる。1月の「車引」の松王丸、弁慶に続き、昼に一條大蔵卿、夜に熊谷(くまがい)次郎直実と難役ばかり。「一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)」の大蔵卿は、叔父の中村吉右衛門を写し絵に、公家と阿呆(あほう)作りのはざまを気品第一で見せる。中村時蔵の常盤御前(ときわごぜん)、尾上松緑(おのえ・しょうろく)の吉岡鬼次郎が好芝居。

 夜の「熊谷陣屋」は、いまだ荒武者の名残ふんぷんな直実ながら、声を落として物語るさまに、毅然(きぜん)とした武士の本分と悲しみが浮き出る。その芝居力が肉体化すれば、新幸四郎=直実の誕生だ。尾上菊五郎が義経、中村魁春(かいしゅん)が相模、市川左団次が弥陀六(みだろく)。

 夜。「仮名手本(かなでほん)忠臣蔵」の「七段目」で、新白鸚(はくおう)が大星由良之助、新市川染五郎が大星力弥。祖父、孫コンビを37年ぶりに再現。お軽=平右衛門は偶数日の尾上菊之助=市川海老蔵コンビで見た。奇数日は坂東玉三郎=片岡仁左衛門コンビ。

続きを読む

関連ニュース

「エンタメ」のランキング