産経ニュース

「ヤバイTシャツ屋さん」2作目フルアルバム 吉本ギャグ+京のイケズ

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


「ヤバイTシャツ屋さん」2作目フルアルバム 吉本ギャグ+京のイケズ

もりもりもと、こやまたくや、しばたありぼぼの3人(左から)。こやまは「次に作るとしたら、かかとにローラーが付いた靴は危ないとか、桜やと思たら梅やった、という歌」と笑う(彦野公太朗撮影) もりもりもと、こやまたくや、しばたありぼぼの3人(左から)。こやまは「次に作るとしたら、かかとにローラーが付いた靴は危ないとか、桜やと思たら梅やった、という歌」と笑う(彦野公太朗撮影)

 ■ハードでポップ、疾走感あふれるロックサウンド

 いかにも関西人らしい面白過ぎる歌詞と、ハードでポップで疾走感あふれる本格的なロックサウンドで地元・関西で中毒者が続出。結成5年目の今年、全国規模で人気が大爆発するといわれている男女3人組バンド「ヤバイTシャツ屋さん」。10日発売の2作目のフルアルバム「ギャラクシー・オブ・ザ・タンクトップ」は、ここ数年の日本のロック作品の中では群を抜く大傑作だ。大阪の吉本新喜劇のベタな笑いと京都のイケズの融合が希有(けう)なロックを生み出した。 (岡田敏一)

                  

 こやまたくや(ギター、ボーカル)、紅一点、しばたありぼぼ(ベース、ボーカル)、もりもりもと(ドラム、コーラス)の3人で、平成25年、大阪芸術大学(大阪府)の軽音楽サークル内で結成した。

 27年から活動を本格化し、男女ツインボーカルのスタイルで母校の最寄り駅(近鉄長野線の喜志駅)が題材の「喜志駅周辺なんもない」(27年)や、サビの関西弁が笑える「あつまれ! パーティーピーポー」(同年)などが大阪のロックファンに大受け。

続きを読む

「エンタメ」のランキング