産経ニュース

期待の新鋭、清原惟監督「わたしたちの家」 フーガのような謎の心地よさ

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


期待の新鋭、清原惟監督「わたしたちの家」 フーガのような謎の心地よさ

1つの家で2つの物語が進行する 1つの家で2つの物語が進行する

 1つ目は赤、2つ目は青を基調とした色味にするなど、2つの物語は空気感も異なるが、場所は全く同じ家。しかもときどき交差するかのような場面があり、スリルにも満ちている。「私自身、すべてを解き明かされると興味がなくなってしまう。この世界は分からないことがいっぱいあるのに、何もかも説明される映画というのは得意じゃない。謎の心地よさを味わってもらえたらすごくうれしいですね」と期待を口にした。(藤井克郎)

このニュースの写真

  • 期待の新鋭、清原惟監督「わたしたちの家」 フーガのような謎の心地よさ

「エンタメ」のランキング