産経ニュース

期待の新鋭、清原惟監督「わたしたちの家」 フーガのような謎の心地よさ

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


期待の新鋭、清原惟監督「わたしたちの家」 フーガのような謎の心地よさ

1つの家で2つの物語が進行する 1つの家で2つの物語が進行する

 まさに家が主役と言っていいだろう。13日に東京・渋谷ユーロスペースで公開の「わたしたちの家」は、同じ1つの家を舞台に全く別の2つの物語が紡がれるという異色作だ。昨年のPFF(ぴあフィルムフェスティバル)でグランプリを受賞し、今年2月のベルリン国際映画祭フォーラム部門にも選出されるなど、世界が注目している。

 手がけたのは、現在25歳の新鋭、清原惟(ゆい)監督。東京芸術大学大学院の修了作品として撮り上げた。

 「複数の物語が接点もなく進んでいって、最後まで見ると一つの映画になっているというものを撮ってみたかった」と話す清原監督によると、ヒントにしたのはフーガという音楽形式だった。バッハの楽曲で有名なフーガは、2声、3声とそれぞれ独立した声部が重なり合って構成され、しかも曲全体では一つ一つの声部が影響し合っている。

 「映画でそういうことができないかというのが最初の発想で、そこから住んでいる家を共通にすることを思いつきました」

 1つ目の物語は、この家には中学生のセリと母親が2人で暮らしていて、母親に新しい恋人ができたことで娘は内心、穏やかではない。これと同時進行で、記憶を失った女性、さなをわが家へ連れ帰った透子との奇妙な同居生活が、2つ目の物語として展開する。

続きを読む

このニュースの写真

  • 期待の新鋭、清原惟監督「わたしたちの家」 フーガのような謎の心地よさ

「エンタメ」のランキング