産経ニュース

豪快な重低音 日本最大の三味線が42年ぶりに復活

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


豪快な重低音 日本最大の三味線が42年ぶりに復活

日本最大の三味線「豪絃」を弾く七代目杵屋佐吉さん(福島範和撮影) 日本最大の三味線「豪絃」を弾く七代目杵屋佐吉さん(福島範和撮影)

 長さ1・7メートル、重さ約30キロという日本最大の三味線「豪絃」が42年ぶりに蘇り、12月、都内で披露された。明治生まれの長唄三味線奏者、四世杵屋佐吉(1884~1945年)が開発した巨大三味線を、孫の七代目佐吉さん(64)が10年がかりで生まれ変わらせた。(飯塚友子)

 12月13日、東京・内幸町ホールで催された「長唄左門会定期演奏会」。七代目が巨大な豪絃にコントラバス用の弓を当てると、三味線とは思えない重低音が会場に鳴り響いた。

 「今日は祖父、四世の命日。祖父が残した楽器を、きちんとした形で弾きたかった」と感無量の様子だ。

 歌舞伎舞踊の「黒塚」など数々の名曲を生んだ四世は、三味線の改良にも情熱を燃やし、低音が出せる「セロ三味線」や「豪絃」を開発。昭和6年にはエレキ三味線「咸弦」まで生み出した。

 四世が亡くなった後、豪絃は長く演奏されることもなかった。「あまりに棹が長過ぎて指が届かず、演奏しにくかった」と七代目。

続きを読む

このニュースの写真

  • 豪快な重低音 日本最大の三味線が42年ぶりに復活
  • 豪快な重低音 日本最大の三味線が42年ぶりに復活

「エンタメ」のランキング