産経ニュース

「ニュース女子」をBPOが強く批判「重大な倫理違反」 東京MXテレビ番組

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


「ニュース女子」をBPOが強く批判「重大な倫理違反」 東京MXテレビ番組

東京MXテレビの番組「ニュース女子」について、記者会見する放送倫理・番組向上機構(BPO)の川端和治委員長(左)=14日午後、東京都千代田区 東京MXテレビの番組「ニュース女子」について、記者会見する放送倫理・番組向上機構(BPO)の川端和治委員長(左)=14日午後、東京都千代田区

 沖縄の米軍基地反対運動を扱った東京MXテレビ(MX)の番組「ニュース女子」に批判が出ている問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は14日、「重大な放送倫理違反があった」とする意見書を公表した。放送前に事実の裏付けや表現などを自己検証する「考査」が機能していなかったとして同局のチェック体制の甘さを痛烈に批判した。

 対象となったのは今年1月2日放送の番組で、沖縄県の米軍ヘリパッド建設をめぐり先鋭化する反対運動を特集。VTRで運動を「日当を貰(もら)ってる!?」などのテロップ表現を使い紹介したほか、反対派による救急車の運行妨害などを事実として伝えていた。

 検証委は沖縄で現地調査を行い、救急車の運行妨害や日当支払いなどの事実に裏付けがないと判断。MXの考査担当者が編集途中の内容しか視聴していないことも判明し、意見書で「複数の放送倫理上の問題が含まれている」と指摘した。

 番組は制作会社が手がけたものだが、MXには放送責任が問われ、川端和治委員長は記者会見で「番組の中核をなす内容について十分な事実が見当たらない」などと不備を見逃した考査体制の甘さを批判した。

続きを読む

関連ニュース

「エンタメ」のランキング