産経ニュース

幸四郎一家 高麗屋三代同時襲名お練り

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


幸四郎一家 高麗屋三代同時襲名お練り

平成29年12月、浅草寺仲見世商店街を歩く松本金太郎(中央左)、市川染五郎(中央)、松本幸四郎(同右)=東京都台東区(古厩正樹撮影) 平成29年12月、浅草寺仲見世商店街を歩く松本金太郎(中央左)、市川染五郎(中央)、松本幸四郎(同右)=東京都台東区(古厩正樹撮影)

 来年1月に親・子・孫で三代同時襲名し、それぞれ二代目松本白鸚(はくおう)となる松本幸四郎さん(75)、十代目松本幸四郎となる市川染五郎さん(44)、八代目市川染五郎となる松本金太郎さん(12)が11日、東京・浅草寺でお練りと、襲名披露興行の成功祈願を行った。

 幸四郎さんと染五郎さんは昭和56年、初代白鸚と三代で同時襲名。松竹によると二代続けての三代同時襲名は歌舞伎史上初という。

 3人はこの日午前、木やりや浅草芸者衆らとにぎやかに雷門を出発。仲見世に詰めかけたファンから、屋号の「高麗屋!」とのかけ声が飛ぶと、笑顔で応えていた。

 浅草寺本堂前で、染五郎さんは「『こりゃいいや、高麗屋』といわれるよう、精進したいと思います」と挨拶。幸四郎さんも「今日は快晴で師走にしては温かい。皆様のお心そのものでございます」と晴れやかな表情。金太郎さんは「自分なりの染五郎を作っていきたい」と決意を述べ、続いて襲名奉告法要を行った。

 襲名披露興行は来年1、2月の東京・歌舞伎座を皮切りに名古屋、福岡、大阪など各地で行われる。

このニュースの写真

  • 幸四郎一家 高麗屋三代同時襲名お練り
  • 幸四郎一家 高麗屋三代同時襲名お練り
  • 幸四郎一家 高麗屋三代同時襲名お練り

「エンタメ」のランキング