産経ニュース

【野村沙知代さん死去】浅香光代、恩讐越えメッセージ「沙知代、向こうに行って静かにするように」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【野村沙知代さん死去】
浅香光代、恩讐越えメッセージ「沙知代、向こうに行って静かにするように」

野村沙知代さんの訃報について、思いを語った浅香光代=東京・浅草 野村沙知代さんの訃報について、思いを語った浅香光代=東京・浅草

 野村沙知代さんとの批判合戦「サッチー・ミッチー騒動」で知られる剣劇女優、浅香光代(89)が8日、東京都内で取材に応じ、思いを語った。知人からの電話で訃報を知ったといい、「私よりか元気だから、元気でいると思ったのに。仏になったら神様だからね…」とつぶやいた。(サンケイスポーツ)

 1999年、共演した舞台での態度を発端に、2年間にわたって舌戦を繰り広げた。浅香は当時を「毎日2年間は家から出ていくのが大変だった。(報道陣が)みんな待っていて。あんなに追いかけられたのは初めてだった」と振り返った。

 「(沙知代さんから)『私が浅香光代をスターにした』って言われたね」と苦笑しつつ、「向こうのほうが強い」と“白旗”をあげた。騒動以降は、一度も顔を合わせていないという。同席した内縁の夫で作曲家、世志凡太(83)が沙知代さんを「女傑みたいな豪快な人」と評すると、横で大きくうなずいた。

 「私だって向こうに行ったときは、『その節は』ってあいさつしなきゃ。沙知代、向こうに行って、静かにするように。嫌われないように!」。最後は、愛のあるメッセージで締めた。

 ◆“芸能界のご意見番”として沙知代さんについてコメントしてきた歌手、美川憲一(71) 「いろいろあったけど、本当はすごくいい人でした。いつか忘れたけど、野村監督も交えて食事をしたとき、とても仲の良い夫婦だったことを覚えています」

「エンタメ」のランキング