産経ニュース

Kalafina 年明けにデビュー満10年 2018年歌い初めは日本武道館

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


Kalafina 年明けにデビュー満10年 2018年歌い初めは日本武道館

年明けにデビュー満10年を迎える3人組Kalafina、Hikaru、Keiko、Wakana(左から)(兼松康撮影) 年明けにデビュー満10年を迎える3人組Kalafina、Hikaru、Keiko、Wakana(左から)(兼松康撮影)

 アニメーション映画の主題歌プロジェクトのために結成され、活躍の幅を広げてきた3人組グループ、Kalafina(カラフィナ)が、年が明けたらデビュー満10年を迎える。現在全国を公演ツアー中だが、10年続いたことへの深い感慨を胸に刻みながらステージに立っているという。

覆面流動編成から固定メンバーに

 「デビューした2008年当時、10年間もライブで歌を届けていけるとは思っていませんでした。主題歌を歌った劇場版アニメ『空の境界』の中だけで生きているのがKalafinaだ、と思われていたかもしれません」

 こう振り返るのは、メンバーの1人、Wakanaだ。

 Kalafinaは08年にアニメ映画「空の境界」の主題歌「oblivious」でデビューした。このとき、メンバーは明かされなかった。

 実は作曲家、梶浦由記さん(52)が自身の楽曲を形にするために組んだ歌手や演奏家によるプロジェクトチーム「FictionJunction(フィクションジャンクション)」の派生形態だった。メンバー構成は流動的にすることも想定されていたのだ。

 実際、4人組になったこともあったが、09年にWakana、Keiko、Hikaruの3人を固定のメンバーとして活動することになった。

 「魔法少女まどか☆マギカ」など他のアニメの曲にも多数起用されたほか、NHK「みんなのうた」や同「歴史秘話ヒストリア」などで曲が使われ、着実にファン層や認知度を広げてきた。

続きを読む

このニュースの写真

  • Kalafina 年明けにデビュー満10年 2018年歌い初めは日本武道館
  • Kalafina 年明けにデビュー満10年 2018年歌い初めは日本武道館

「エンタメ」のランキング