産経ニュース

連動、合奏…AIピアノと奏でる音 ダンサーやベルリンフィル団員とも共演

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


連動、合奏…AIピアノと奏でる音 ダンサーやベルリンフィル団員とも共演

AIピアノとともにリハーサルに挑んだダンサー、森山開次 AIピアノとともにリハーサルに挑んだダンサー、森山開次

 ヒトの動きに合わせ、音楽家の演奏データを奏でる「AI(人工知能)ピアノ」がさまざまな場で活用されている。世界的なダンサーと連動したり、動画投稿サイトで人気を集めるピアニストとAIピアノが合奏したり…。AIとヒトはうまく“呼吸”を合わせられるのか。共演者らに展望と課題を聞いた。(竹中文)

 東京都台東区の東京芸術大の一室は活気に包まれていた。公演「舞・飛天遊」に向けて11月16日に行われたリハーサル。大手楽器メーカー「ヤマハ」が開発したAIによる自動演奏システムを搭載したグランドピアノを使用し、海外でも高い評価を得るダンサー、森山開次(43)が技術者らと稽古に挑んだ。

 AIは森山の手や足、背中に取り付けられたセンサーから動きの微妙な変化を察知して音階に変換し、自動演奏ピアノの鍵盤を動かす。森山は背中などの筋肉を動かしながらピアノの音色を確認していた。

 AIピアノがダンサーの動きに合わせて同時に音を出すためには、ダンサーの行動を予測しなければならない。開発を主導したヤマハの田邑元一(たむら・もといち)・第1研究開発部長は「予測技術は向上しているが、今後はもっとダンス表現を細かく理解できるようにしたい」という。

続きを読む

「エンタメ」のランキング