産経ニュース

大林宣彦監督「花筐 HANAGATAMI」 「大嘘から出たまこと描く」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


大林宣彦監督「花筐 HANAGATAMI」 「大嘘から出たまこと描く」

戦争の時代を生きる若者たちの恋と友情を描く 戦争の時代を生きる若者たちの恋と友情を描く

 現在は「余命は未定」という段階まで回復。近年は自主製作が多かったが、本作の評判もあり、「久しぶりに商業映画の依頼が3本も来た」と笑顔。「一時は『大林は作家として終わった』とも言われた。ぶれずにこれまでやってきたことが、ようやく伝わったのかな」と感慨深げに語った。

                  

 【あらすじ】昭和16年。佐賀・唐津に住む叔母(常盤貴子)と暮らす17歳の俊彦(窪塚俊介)は、級友の鵜飼(満島真之介)や吉良(長塚圭史)らと「勇気を試す冒険」に興じる毎日。肺病を患ういとこ、美那(矢作穂香)や女友達のあきね(山崎紘菜)、千歳(門脇麦)と青春を謳歌(おうか)する彼らに戦争の影が迫り…。

このニュースの写真

  • 大林宣彦監督「花筐 HANAGATAMI」 「大嘘から出たまこと描く」

「エンタメ」のランキング