産経ニュース

【週間視聴率トップ30】「M-1」関東は瞬間最高21.7%(11/27~12/3)

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【週間視聴率トップ30】
「M-1」関東は瞬間最高21.7%(11/27~12/3)

 テレ朝が3日に生放送した漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2017」(18時57分~22時10分)が15・4%をマークした。同番組は一昨年、5年ぶりに復活し、その年は17・2%。昨年は13・5%と下げたが、今年は15%台まで回復した。また例年、西高東低となるのが特徴で、今年も関西地区は24・0%の高視聴率。瞬間最高も関東21・7%に対し、関西は34・6%(ともに優勝決定直前の22時00分)だった。第13代王者は「とろサーモン」に決まった。

 その裏でTBS日曜劇場「陸王」は初回と同率の14・7%を出して健闘。NHK大河「おんな城主直虎」は11・9%。

 2日18時からのテレ朝の30分番組「人生の楽園」は自己最高(平成26年3月8日放送回の15・4%)に迫る15・2%を取り、今年初めての15%台乗せ。

 ナインティナインがメイン司会を務めるフジ「めちゃ×2イケてるッ!」は2日18時30分から「どぉ~にも終わらない秀活と讐活スペシャル」を2時間半にわたって放送。名物企画を繰り出し、ランクインはならなかったが、今年の自己最高となる12・1%(19時~20時54分)を獲得した。同番組は来春に終了することが11月4日の放送内で正式発表されている。30日の日テレ「ぐるぐるナインティナイン」は12・6%。

 3日昼にテレ朝が生中継した「第71回福岡国際マラソン」は「東京五輪代表選考レース」でもあり12・0%。(山根聡)

続きを読む

「エンタメ」のランキング