産経ニュース

民放連会長は「電波オークション」に反対「公共性」「ライフラインとしての自負」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


民放連会長は「電波オークション」に反対「公共性」「ライフラインとしての自負」

民放連の井上弘会長 民放連の井上弘会長

 日本民間放送連盟(民放連)の井上弘会長は17日の定例会見で、政府の規制改革推進会議で議論が進められている、電波の周波数帯の利用権を競争入札にかける「電波オークション」導入について、「われわれは多かれ少なかれ公共性を担っており、金額の多寡で決まる制度には反対する」と批判した。

 その上で、「われわれへの批判はあると思うが、公平性を保ち、ライフラインとしてやってきた自負がある」とも語った。

関連ニュース

「エンタメ」のランキング