産経ニュース

参加者が公衆電話でたどる物語 水戸で体験型アート「ポイントホープ」実施

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


参加者が公衆電話でたどる物語 水戸で体験型アート「ポイントホープ」実施

アートプロジェクト「ポイントホープ」のイメージ画像(c)ポイントホープ実行委員会(新津保建秀撮影) アートプロジェクト「ポイントホープ」のイメージ画像(c)ポイントホープ実行委員会(新津保建秀撮影)

 参加者は物語を聞くだけではなく、留守番電話に自身の“願い”を吹き込むことができる。こうしたメッセージは、作品の一部としてツイッター上で公開され、蓄積されていく。「誰かの“願い”が、誰かにとっての“希望”になる」という企画者側の意図だ。

 ディレクターを務めるのは、熊本県の廃校を利用したアートプロジェクト「赤崎水曜日郵便局」で知られる映画監督の遠山昇司さん。映画上映会のため水戸市を訪れた遠山さんは、料亭「山口楼」(同市大工町)の若旦那、山口晃平さんら若手経営者たちと「市内でアートプロジェクトをしよう」と意気投合。市内を散策するうちに、公衆電話で物語を展開していく手法を思いついたという。

 プロジェクトは9月末に始まり、北は山形県、南は福岡県から申し込みがきている。山口さんは「まずは水戸を全国に発信したい。偕楽園や弘道館などの観光地ではなく、水戸のコアな部分を見てほしい」と期待を込める。

続きを読む

「エンタメ」のランキング