産経ニュース

【話の肖像画】音楽プロデューサー・高嶋弘之(2) 兄も娘も、おいも売り込んだ

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
音楽プロデューサー・高嶋弘之(2) 兄も娘も、おいも売り込んだ

俳優の兄、高島忠夫(右)と(平成4年、本人提供) 俳優の兄、高島忠夫(右)と(平成4年、本人提供)

 新劇の演出家になりたかったんです。中学2年のとき、社会科の先生に学芸会の指導をしてもらったのがきっかけ。神戸高校では演劇部で3年間、芝居ばかりやっていました。先輩に後の女優、扇千景(おうぎ・ちかげ)さん(元参院議員)がいて、すごくきれいでしたね。早稲田大では第1文学部の演劇専攻。ジェームス・ディーンの映画「エデンの東」を見て映画監督を志したのですが、松竹の助監督試験に落ちてしまいました。あわてて就職先を探していたら俳優になっていた兄(高島忠夫)の紹介で東芝レコード事業部のディレクター試験を受けることができたのです。

 〈4つ年上の兄・忠夫は、映画やテレビドラマ、司会者として活躍した大スター。愛称はボンちゃん。昭和26年、関西学院大在学中に新東宝のニューフェースとなり、芸能界入りしたが、それを勧めたのは弟の弘之だった〉

 兄貴は背が高くて、当時、人気絶頂だった俳優の佐田啓二さんに似ていた。僕が新聞で新東宝の募集記事を見て「受けたら」って。芸名のアイデアまで考えました。そのときからプロデューサーの才能があったんでしょうね(苦笑)。

 兄貴はすぐに人気が沸騰。僕が早稲田大に進学してから東京・下北沢の同じ下宿に住むようになったのですが、いつも女学生が5、6人、門の前で待っている。キャーキャー騒がれて、他の学生にも迷惑がかかるので、今度は一緒に田園調布の一軒家の2階を借りました。家賃は月1万5千円。兄貴はジャズが大好きで、さんざん聴かされたなぁ。僕が大学を卒業する前まで一緒に暮らしました。

続きを読む

関連ニュース

「エンタメ」のランキング