産経ニュース

NHK31歳女性記者が長時間労働で過労死 「選挙取材など組織全体の問題」 労基署が労災認定

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


NHK31歳女性記者が長時間労働で過労死 「選挙取材など組織全体の問題」 労基署が労災認定

過労死が認定されたNHKの佐戸未和記者=平成25年4月、東京都内(NHK提供) 過労死が認定されたNHKの佐戸未和記者=平成25年4月、東京都内(NHK提供)

 NHKは4日、平成25年7月に首都圏放送センターの記者として勤務していた佐戸未和さん=当時(31)=が心不全で死亡したのは長時間労働による過労死だとして、26年5月に渋谷労働基準監督署が労災認定していたと発表した。

 NHKは佐戸さんの過労死を公表しないまま、電通の過労自殺事件など過労死問題を報道していたことになり、公共放送としての姿勢が問われそうだ。

 NHKによると、同局の記者はみなし労働時間制をとっているため、制度上の時間外労働はないが、労基署の認定では、佐戸さんが亡くなる直近1カ月の時間外労働は159時間に上った。

 佐戸さんは17年4月に入局。22年から首都圏放送センターに所属していた。死亡当時は東京都庁を担当しており、25年6月の都議選や同7月の参院選を取材。参院選の投開票があった3日後の24日に死亡した。

 翌25日に連絡が取れないのを不審に思った知人が都内にある1人暮らしの佐戸さんの自宅を訪ね、死亡しているのを発見した。死亡前の1カ月の休日は2日だけだったという。

続きを読む

このニュースの写真

  • NHK31歳女性記者が長時間労働で過労死 「選挙取材など組織全体の問題」 労基署が労災認定
  • NHK31歳女性記者が長時間労働で過労死 「選挙取材など組織全体の問題」 労基署が労災認定

関連ニュース

「エンタメ」のランキング