産経ニュース

【TVクリップ】俳優、山本耕史 1人の人間としての植木等を好演 歌は周囲から「本人かと」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【TVクリップ】
俳優、山本耕史 1人の人間としての植木等を好演 歌は周囲から「本人かと」

NHK土曜ドラマ「植木等とのぼせもん」主演の山本耕史(酒巻俊介撮影) NHK土曜ドラマ「植木等とのぼせもん」主演の山本耕史(酒巻俊介撮影)

 物語の主軸は、植木と小松の親子にも例えられる師弟関係。博多出身で、何にでも熱中する“のぼせもん”の小松を、温かく迎え入れ、生き方で志を教えた植木。父親を早くに亡くした小松も師の優しさに無償の献身で応えた。

 「普段の植木さんは、真面目な人だったと聞いています。責任感が強くて、家族や弟子思いの1人の人間として演じています」

 小松を演じる18歳年下の志尊淳は「普段から山本さんを尊敬している」と語り、山本も「放っておけない愛すべきキャラクター」と、良い師弟関係を築いているようだ。

 「スタッフや俳優陣が全力で、あの時代の雰囲気を再現している。その独特の空気感を気に入ってもらえたらうれしい」と笑顔を見せた。(文化部 三宅令)

 やまもと・こうじ 昭和51年生まれ。東京都出身。昭和62年、ミュージカル「レ・ミゼラブル」で舞台デビュー。平成5年、ドラマ「ひとつ屋根の下」(フジテレビ系)に出演し、注目される。16年にNHK大河ドラマ「新選組!」で土方歳三を演じるなど幅広く活躍する。10月2日からドラマ「トットちゃん!」(テレビ朝日系)に出演予定。

このニュースの写真

  • 俳優、山本耕史 1人の人間としての植木等を好演 歌は周囲から「本人かと」

「エンタメ」のランキング