産経ニュース

【谷賢一の演劇地獄道(18)】意義あること応援団100人

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【谷賢一の演劇地獄道(18)】
意義あること応援団100人

6月に福島で田植え。稲と同時に実ったのはクラウドファンディングで手を貸してくれた100人の応援だ 6月に福島で田植え。稲と同時に実ったのはクラウドファンディングで手を貸してくれた100人の応援だ

 6月からインターネット上で資金を募るクラウドファンディングを開始して計100人・累計200万円に及ぶ支援をいただいた。クラウドファンディングは現代版のパトロン制だ。21世紀になって歌舞伎のタニマチやヨーロッパの貴族文化に回帰したことになる。

 6月の取材ではボランティアとして福島で田植えをしてきた。福島のコメは今や全袋検査を経て完璧に安全と証明されつつある復興の証である。その6月に田植えした稲が実を結んだよという連絡が来た。2つの意味で実を結んだのだ。あの手植えした苗が実を結んだ。そして100人もの人々が私の演劇計画に手を貸してくれた。

 好きなことだけをして生きていけるほど世の中は甘くない。しかし本当に意義のあることをすれば100人くらいは応援してくれるということが実証できた。福島を題材に3部作を上演し1万人の観客を動員するという荒唐無稽なプロジェクトだが、やれそうだ。早くお目にかけたい。

「エンタメ」のランキング