産経ニュース

ネットフリックス、アマゾン…動画配信事業者は日本映画界の“黒船”か? 

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


ネットフリックス、アマゾン…動画配信事業者は日本映画界の“黒船”か? 

ネットフリックスで2017年春配信予定のアニメ「B:the Beginning」 ネットフリックスで2017年春配信予定のアニメ「B:the Beginning」

 インターネットの動画配信事業者であるネットフリックスやアマゾンが映画の製作や配給に乗り出している。米アカデミー賞でオスカー像を獲得したり、仏カンヌ国際映画祭で論争の種になったりと話題をふりまいている。すでに日本に上陸済みの両社だが、日本映画界の“黒船”となるのか?

世界が注目

 今年の米アカデミー賞では、米インターネット通販大手アマゾンが配給権をもつ「マンチェスター・バイ・ザ・シー」が主演男優賞と脚本賞を、米動画配信大手、ネットフリックスが製作した「ホワイト・ヘルメット-シリアの民間防衛隊-」が短編ドキュメンタリー賞を受賞した。“新規参入組”の両社の受賞は、大きな話題を呼んだ。

 カンヌでは、韓国の「オクジャ」(ポン・ジュノ監督)などネットフリックス製作の2作品が参加。「オクジャ」が仏ではネット配信のみで劇場公開の予定がなかったことに、審査委員長のペドロ・アルモドバル監督(67)が「映画は大きなスクリーンで見られるべきだ」と発言し、「映画の定義」をめぐる論争に発展した。

バラエティーと恋愛ドラマのアマゾン

 動画配信事業者が自ら動画の製作に乗り出すのは、他では見られない独自の作品をラインアップすることで既存の会員の満足度を高め、同時に新たな会員を獲得するためにほかならない。

 アマゾンジャパンもネットフリックスも日本の会員数は公表していない。が、ともに米国に次ぐ数の独自作品をそろえているという。成長が見込まれる日本市場を重視しているのだ。

 「日本では今年、すでに20本以上の独自作品を作っており、来年はそれ以上となる。誰もが見たい作品だけでなく、思いもつかない作品も用意し、満足してもらいたい」

 アマゾンの有料会員向け映像配信サービス「アマゾン プライム・ビデオ」アジア・パシフィック・コンテンツ事業本部長のジェームズ・ファレルさんは胸を張る。

 ちなみに昨年はドキュメンタリー、バラエティー、ドラマ、台本や演出のない「リアリティーショー」など計12本。このとき分かったことがあった。

 「日本の会員は、松本人志さんの『ドキュメンタル』、ディーン・フジオカさん主演のドラマ『はぴまり~Happy Marriage!?~』のようなバラエティーと恋愛ドラマを非常に好む」

 今後はこの2つのジャンルに重点を置いて制作していくのだとファレルさんはいう。10月6日には、浜田雅功さんと千原ジュニアさんによるバラエティー「戦闘車」の配信が始まる。

続きを読む

このニュースの写真

  • ネットフリックス、アマゾン…動画配信事業者は日本映画界の“黒船”か? 
  • ネットフリックス、アマゾン…動画配信事業者は日本映画界の“黒船”か? 
  • ネットフリックス、アマゾン…動画配信事業者は日本映画界の“黒船”か? 
  • ネットフリックス、アマゾン…動画配信事業者は日本映画界の“黒船”か? 
  • ネットフリックス、アマゾン…動画配信事業者は日本映画界の“黒船”か? 
  • ネットフリックス、アマゾン…動画配信事業者は日本映画界の“黒船”か? 
  • ネットフリックス、アマゾン…動画配信事業者は日本映画界の“黒船”か? 

「エンタメ」のランキング