産経ニュース

奥田民生×妻夫木聡×岸田繁 人間味あふれる貴重な鼎談が実現

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


奥田民生×妻夫木聡×岸田繁 人間味あふれる貴重な鼎談が実現

自由気ままに語り合った奥田民生(中央)、妻夫木聡(左)、岸田繁(C)フジテレビ 自由気ままに語り合った奥田民生(中央)、妻夫木聡(左)、岸田繁(C)フジテレビ

 奥田民生(52)が、17日放送の「ボクらの時代」(日曜前7・0、フジテレビ)に初出演する。

 番組は、さまざまなジャンルで活躍するゲストが集い、多くの話題や事象を取り上げていくトークドキュメンタリー。今回はロックバンド「ユニコーン」のボーカル、ソロアーティスト、プロデューサーとして知られ、世代を超えて愛されている奥田が登場。同じく番組初出演となり、奥田と3ピースバンド「サンフジンズ」を結成している岸田繁(くるり)も参加。奥田ファンを公言している俳優の妻夫木聡が2人に声をかけたことから、今回の貴重な鼎談は実現した。

 奥田が語る“力まないかっこいい大人”誕生エピソード、ミュージシャンとして最近感じるキーの変化などで話は盛り上がるが、そのなかでも「ベテラン感はセルフプロデュース」「なまけ者はこの仕事をできない」など奥田の含蓄ある言葉が注目される。

 「お二人は天才!」という妻夫木の名インタビューぶりもみもので、そのほか、テレビが苦手な理由や今でもカラオケに一緒に行くという母親に感謝している話が明かされる。

 収録後、奥田は「普通に座ってみてください。テレビに出るっていうのは、出るプロの人がいて、そうでない人が出ると素人的におもしろいことがある。ぼくはそっちなんで」と笑って話し、妻夫木は「改めてお二人のことが人間として大好きだな」と感激の様子。岸田は「季節の変わり目なので、視聴者のみなさまもお体お気をつけください」とシュールなコメントを残した。(産経デジタル)

このニュースの写真

  • 奥田民生×妻夫木聡×岸田繁 人間味あふれる貴重な鼎談が実現

「エンタメ」のランキング