産経ニュース

【WOWOW】番組去ったキャラも復帰? 「クリミナル・マインド12 FBI行動分析課」 9月5日(火)午後11:00スタート(全22話)[第1話無料放送]

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【WOWOW】
番組去ったキャラも復帰? 「クリミナル・マインド12 FBI行動分析課」 9月5日(火)午後11:00スタート(全22話)[第1話無料放送]

 近年のテレビ視聴率低下を根拠に、日本の視聴者の間でドラマ離れが進んでいるという声がある。実際は、再放送で見る人、録画しておいて放送後に見る人、ネットのサービスで見る人もいて、ドラマ好きは視聴率以上に多いが、筆者は残念に思うことがある。21世紀に入り、「相棒」(テレビ朝日系)以外に、何年も続くドラマがめっきりと減ったことだ。

 20世紀は、42年も続いた時代劇「水戸黄門」(TBS系)は極端な例としても、10年、20年と続くドラマは珍しくなかった。一方、視聴率の低下に厳しい米国では、長く続くドラマは貴重。21世紀に入って米国のドラマは世界中で需要が高まり、人気ドラマのロングラン化が定着した。

 犯罪捜査ドラマ「クリミナル・マインド FBI行動分析課」もそんな成功例の一つ。9月27日から全米放送はなんと第13シーズンに突入する。WOWOWプライムは、日本でどこよりも早く第12シーズンを初放送する。

 シリアルキラー(連続殺人鬼)の次なる凶行を防ごうと、FBIの精鋭プロファイラーたちが活躍。前シーズン最終話では13人のシリアルキラーが一度に刑務所から逃亡するショッキングな場面で幕を下ろしたが、緊急事態のその後が大いに気になる。

 このドラマは、シリーズ12年の間にさまざまな事情で、惜しくも番組を去った出演者が多い。しかし、彼らがレギュラーに復活したり、ゲストとして再登場したりするのが名物となっている。今シーズンも見てのお楽しみだ。そうした感動や興奮を味わえる日本のドラマは、今や一部の特撮ドラマしかないかもしれない。

 ロングランドラマならではの親近感や、出演者同士のチームワークをぜひ堪能してみたい。(海外ドラマ評論家 池田敏)

「エンタメ」のランキング