産経ニュース

松山千春さん、遅延の飛行機内で熱唱「キャビンアテンダントのマイクで歌ったの初めて」ネットで「神対応」と称賛

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


松山千春さん、遅延の飛行機内で熱唱「キャビンアテンダントのマイクで歌ったの初めて」ネットで「神対応」と称賛

20日、Uターンラッシュによる保安検査場の混雑で出発が遅れた全日空機内で、乗客の前に立つ歌手の松山千春さん。代表曲「大空と大地の中で」を披露した=新千歳空港(乗客提供) 20日、Uターンラッシュによる保安検査場の混雑で出発が遅れた全日空機内で、乗客の前に立つ歌手の松山千春さん。代表曲「大空と大地の中で」を披露した=新千歳空港(乗客提供)

 シンガー・ソングライターの松山千春さん(61)が、遅延した飛行機内で自身の代表曲「大空と大地の中で」を熱唱していたことが21日、分かった。トラブルにより生じた待ち時間で乗客がイライラを募らせる中、同機にたまたま搭乗していた松山さんが機転を利かせ、生歌を披露したという。

 20日深夜の出演した生放送のラジオ番組で機内の出来事を明かした松山さんは「歌い出して40年以上たつけど、キャビンアテンダンドのマイクで歌ったのは初めて」と説明。「出しゃばったことしているなと思うけど、みんなの気持ち考えたら、何とかしなきゃ、みたいな。機長さんがよく許してくれたな。嘘のような話でした」と語った。

 松山さんが搭乗していたのは、20日昼の新千歳空港発伊丹空港行きの全日空機。全日空によると、保安検査場の混雑のため出発が約1時間遅れ、一部の乗客が機内で出発を待っている状況だったという。

 その際、同機に搭乗していた松山さんが「機内が和むように歌いますよ」と自ら客室乗務員に申し出た。機長の許可を取ったうえで機内のマイクを使い、北海道に縁のある代表曲「大空と大地の中で」を熱唱。乗客からは大きな拍手が送られたという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 松山千春さん、遅延の飛行機内で熱唱「キャビンアテンダントのマイクで歌ったの初めて」ネットで「神対応」と称賛

関連ニュース

「エンタメ」のランキング