産経ニュース

映画「夜明けの祈り」 悲劇の修道院に差す希望の光

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


映画「夜明けの祈り」 悲劇の修道院に差す希望の光

 第二次世界大戦末期に起こった悲劇を題材にしたアンヌ・フォンテーヌ監督(58)の「夜明けの祈り」が全国順次公開中だ。

 1945年12月、ポーランド。フランス人の女性医師、マチルド(ルー・ドゥ・ラージュ)は、見知らぬ修道女に頼まれ、遠く離れた修道院を往診する。そこには、ソ連軍兵士によって繰り返し乱暴され、妊娠した修道女たちがいた。修道院の名誉を重んじる院長は、事態の隠蔽(いんぺい)を図るが…。

 フォンテーヌ監督は、「女であることを捨てて信仰に生きる修道女が乱暴され、妊娠させられたと聞き、強い衝撃を受けた。でも、同時に深みを持った作品になるとも思いました」と語る。

 顔以外を修道服ですっぽりと覆った女性たちが、大きなおなかを抱えているというイメージはショッキングだ。

 「修道女役は顔しか映らないので、ベールで顔以外を覆った状態でオーディションを行いました。観客が見分けの付く特徴的な顔であることと、表情だけで複雑な内面を表現できる女優を選ぶことが重要でした」

続きを読む

「エンタメ」のランキング