産経ニュース

【聞きたい!映画】吉永小百合120本目の出演作「北の桜守」撮影秘話 スタッフ争奪となったお手製の…

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【聞きたい!映画】
吉永小百合120本目の出演作「北の桜守」撮影秘話 スタッフ争奪となったお手製の…

映画「北の桜守」のワンシーン 映画「北の桜守」のワンシーン

 修二郎役の堺はおにぎりを妻の真理と一緒にほおばり、目を見開いて、「真理さん、これだよこれ!!」と大声で叫ぶ。そのタイミングや3人の動きなどを滝田監督が細かく詰めていく。

 この作品について吉永は、「てつは戦争時の耐えられない悲しみを抱えていて、記憶障害が出ている。息子がそんな母を気づかいながら、ラストに向かっていくお話。戦後、こういう苦しみを抱えて生きてきた人たちがいっぱいいたんだなと思います」と語る。

 滝田監督は、吉永について、「とても映画的な方。自分の世界をしっかりとお持ちだが、新しいものへの興味もすごく持っている。細部まで考え抜いているが、現場での注文にも柔軟に対応してもらえる」と称賛。

 「みなさんは毎回、彼女のどんな顔を見られるかを楽しみにしてきたし、撮る方もそれと闘ってきたんだと思う。今の時代にはなくなった昭和の人の美しい生き方を描きたい」と話す。

お手製おにぎり争奪戦も

 この作品のため、吉永はおにぎり作りを特訓。

 「家で150個くらいは作りました。撮影現場でスタッフに毎晩食べさせたので、みんながおにぎり中毒になって、いやになるんじゃないかと心配したんですけど」と笑う。

 実は吉永お手製のおにぎりの人気はすさまじく、「スタッフ間で争奪戦になって、なかなか食べられない」と関係者。

続きを読む

このニュースの写真

  • 吉永小百合120本目の出演作「北の桜守」撮影秘話 スタッフ争奪となったお手製の…
  • 吉永小百合120本目の出演作「北の桜守」撮影秘話 スタッフ争奪となったお手製の…
  • 吉永小百合120本目の出演作「北の桜守」撮影秘話 スタッフ争奪となったお手製の…

「エンタメ」のランキング