産経ニュース

ミュージカル「ビューティフル」 役に込める2人のキャロル像 水樹奈々=信念曲げず全力投球/平原綾香=エゴがない彼女の歌

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


ミュージカル「ビューティフル」 役に込める2人のキャロル像 水樹奈々=信念曲げず全力投球/平原綾香=エゴがない彼女の歌

ダブルキャストでキャロル・キングを演じる水樹奈々(右)と平原綾香 ダブルキャストでキャロル・キングを演じる水樹奈々(右)と平原綾香

 作曲家の道を歩むキャロルは17歳の若さで結婚し、翌年に出産。作詞を担当するパートナーとともに数々のヒットを放つも、28歳で離婚するという波瀾(はらん)万丈の人生を描いたミュージカル。「イッツ・トゥー・レイト」「ユーヴ・ガット・ア・フレンド」など、キャロルの名曲を効果的に使いながら、ストーリーが紡がれる。

 「いつもまっすぐ、信念を曲げないで全力投球している」とキャロルの魅力を語る水樹に対し、平原は「彼女の歌には全くエゴがない。うまく相手に伝えようとか聴かせてやろうというところがないから、人の心を打つし、何度も聴きたくなる」。

 声優として多数の人気アニメ作品に出演するなどマルチに活躍してきた水樹と、数々のヒット曲を世に送り出してきた平原とでは、歌い方のタイプが異なる。

 今作の音楽スーパーバイザーを務めるジェイソン・ハウランドから「60種類の声が出ている。その宝物を生かしなさい」と声をかけられた水樹は、「それをどうキャロル・キングの中に落とし込んでいくか」という課題を自身に課して模索を続けてきたという。

続きを読む

「エンタメ」のランキング