産経ニュース

【鑑賞眼】「アパッチ族」を描く、熱烈でやがて悲しき群像劇 日本劇団協議会「SCRAP」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【鑑賞眼】
「アパッチ族」を描く、熱烈でやがて悲しき群像劇 日本劇団協議会「SCRAP」

アパッチ族の面々は、月を見上げながら、韓国から日本に逃げてきた経緯を話し出す アパッチ族の面々は、月を見上げながら、韓国から日本に逃げてきた経緯を話し出す

 これは卑俗な少数者から国家を逆照射する試みだ。彼らは故国を追われ、日本で国策の負の遺産を処理する。しかし、劇中のせりふによれば、彼らを「侵略するための武器」を作った工場跡で拾った鉄は、やがて朝鮮戦争で同胞の殺し合いにリサイクルされる。この矛盾を生き延びる者が放つ「自分らに都合の悪い歴史はこうやって隠されてゆく」といったせりふが鋭く突き刺さる。17日まで、東京・早稲田のSpace早稲田。(演劇評論家 小山内伸)

「エンタメ」のランキング