産経ニュース

【映画深層】台湾に魅せられた日本人女性の20年 「台湾萬歳」は土地の持つ包容力に迫るドキュメンタリー

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【映画深層】
台湾に魅せられた日本人女性の20年 「台湾萬歳」は土地の持つ包容力に迫るドキュメンタリー

ドキュメンタリー映画「台湾萬歳」を手がけた酒井充子監督(藤井克郎撮影) ドキュメンタリー映画「台湾萬歳」を手がけた酒井充子監督(藤井克郎撮影)

 作品に登場する家族は、元カジキ漁師の張旺仔さん(85)一家、原住民族のアミ族の漁師、オヤウさん(69)夫婦、山の民である原住民族、ブヌン族の通称・カトゥさん(41)らの3組だ。日本統治時代に子供時代を過ごした張さんは、日本語で陽気に語り、刺し身を振る舞う。オヤウさんがカジキを捕る漁法は船首からモリを突いて捕獲する突きん棒漁で、かつて日本人がこの地に持ち込んだものだ。

 一方、大陸から来た老兵の歌を作るなど、シンガー・ソングライターとしても活動する教師のカトゥさんは、仲間とともに深夜の狩りに出かけ、シカの仲間であるキョンを仕留める。大地と祖先に深い感謝をささげながらキョンをさばくカトゥさんたちの姿を、カメラはつぶさにとらえる。

原動力はふがいなさ

 「一晩歩いても何にも捕れないことがあるといわれていたが、正味3時間で下山できた。本当に映画の神様はいると思います」と話す酒井監督は、そのときカトゥさんたちに、何かコツがあるのかと聞いた。答えは「昨日、いい夢を見たからね」だった。

 「本当にすてきだなってしみじみ思いました。キョンをさばくシーンなど、怖いと思われる方もいるかもしれませんが、彼らにとってはごく自然で神聖な行為なんです。それを強く感じたので、きちんと伝えなきゃと思いました」

続きを読む

このニュースの写真

  • 台湾に魅せられた日本人女性の20年 「台湾萬歳」は土地の持つ包容力に迫るドキュメンタリー
  • 台湾に魅せられた日本人女性の20年 「台湾萬歳」は土地の持つ包容力に迫るドキュメンタリー
  • 台湾に魅せられた日本人女性の20年 「台湾萬歳」は土地の持つ包容力に迫るドキュメンタリー
  • 台湾に魅せられた日本人女性の20年 「台湾萬歳」は土地の持つ包容力に迫るドキュメンタリー
  • 台湾に魅せられた日本人女性の20年 「台湾萬歳」は土地の持つ包容力に迫るドキュメンタリー
  • 台湾に魅せられた日本人女性の20年 「台湾萬歳」は土地の持つ包容力に迫るドキュメンタリー
  • 台湾に魅せられた日本人女性の20年 「台湾萬歳」は土地の持つ包容力に迫るドキュメンタリー

「エンタメ」のランキング