産経ニュース

【映画深層】台湾に魅せられた日本人女性の20年 「台湾萬歳」は土地の持つ包容力に迫るドキュメンタリー

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【映画深層】
台湾に魅せられた日本人女性の20年 「台湾萬歳」は土地の持つ包容力に迫るドキュメンタリー

ドキュメンタリー映画「台湾萬歳」を手がけた酒井充子監督(藤井克郎撮影) ドキュメンタリー映画「台湾萬歳」を手がけた酒井充子監督(藤井克郎撮影)

 およそ20年前、初めて訪れた台湾での出会いが、駆け出しの新聞記者を映画作りの道へと導いた。以来、台湾に魅せられ続けているドキュメンタリー作家、酒井充子(あつこ)監督(47)の最新作「台湾萬歳(ばんざい)」(7月22日公開)は、台湾という土地そのものに宿る豊かさや包容力に触れた意欲作だ。取材や撮影を含め、すでに50回は台湾を訪れているという酒井監督だが、「でも私なんかはまだまだ台湾のことを知らなくて。と思うくらい、台湾は広くて深いです」と打ち明ける。

日本伝来の突きん棒漁でカジキ捕り

 「台湾萬歳」は、日本語世代の今を見つめた「台湾人生」(2009年)、台湾の人々の日本人性を追った「台湾アイデンティティー」(13年)に続く台湾3部作の3作目に当たる。前2作がインタビュー中心だったのに対し、新作では台湾の原風景が色濃く残る南東部の台東縣(たいとうけん)に腰を据え、昔ながらの生活を続ける3組の家族に密着する形でカメラを回した。

 「前2作で時代に翻弄された人たちを撮影して感じたのは、彼らが振り返る人生ってすごくすがすがしいんです。何でこんなに明るいのか。どうしてこんなにしなやかにいられるのか。その大本は、台湾の豊かな自然や風土にあるのではと考えた。いろんな時代があったが、台湾の持つ豊かさがすべてを包み込んでしまう。その包容力がどこから来るのか探す作業が、今回の映画作りだったと思います」と酒井監督は言う。

続きを読む

このニュースの写真

  • 台湾に魅せられた日本人女性の20年 「台湾萬歳」は土地の持つ包容力に迫るドキュメンタリー
  • 台湾に魅せられた日本人女性の20年 「台湾萬歳」は土地の持つ包容力に迫るドキュメンタリー
  • 台湾に魅せられた日本人女性の20年 「台湾萬歳」は土地の持つ包容力に迫るドキュメンタリー
  • 台湾に魅せられた日本人女性の20年 「台湾萬歳」は土地の持つ包容力に迫るドキュメンタリー
  • 台湾に魅せられた日本人女性の20年 「台湾萬歳」は土地の持つ包容力に迫るドキュメンタリー
  • 台湾に魅せられた日本人女性の20年 「台湾萬歳」は土地の持つ包容力に迫るドキュメンタリー
  • 台湾に魅せられた日本人女性の20年 「台湾萬歳」は土地の持つ包容力に迫るドキュメンタリー

「エンタメ」のランキング