産経ニュース

テレ東系「和風総本家」放送10年 「日本の良さ」丹念に発掘

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


テレ東系「和風総本家」放送10年 「日本の良さ」丹念に発掘

 上智大の碓井広義教授(メディア文化論)は「当時の日本は、長く続く不景気とともにグローバル化という名の欧米ナイズを強いられて疲弊していた。震災が追い打ちをかけ、日本ならではのものが世界に通用することを示し、『日本はダメじゃない』と励ましてくれる番組が受けた」と指摘する。

 番組内の企画「世界で見つけた Made in Japan(メード・イン・ジャパン)」は特に大きな反響を呼んだ。25年末に放送された回では、イタリアで楽器修復職人が愛用するミニのこぎりに着目。それを作った廃業寸前の新潟県の職人技術に光を当てた。放送後、注文が殺到し、伝統技術存続のきっかけを生んだ。

 同番組の成功後、他局でも、「とっておき日本~外国人が見つけた素晴らしい日本の街~」(TBS系)、「世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団」(テレビ朝日系)など日本の良さを再発見する番組が目立つように。「和風-」の庄田プロデューサーは「長く続いた番組ならではのテーマの深掘りと発見感を今後も大事にしていきたい」と話している。(三宅令)

「エンタメ」のランキング