産経ニュース

【原坂一郎の子育て相談】4歳の息子と2歳の娘 きょうだいがそろって反抗的…ついカッとなってしまいます

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【原坂一郎の子育て相談】
4歳の息子と2歳の娘 きょうだいがそろって反抗的…ついカッとなってしまいます

イラスト・藤原隆兵 イラスト・藤原隆兵

相談

 4歳の息子と2歳の娘がいます。下の子はイヤイヤ期真っ最中で、外でも寝転んだり激しく抵抗したりします。子供は4歳になると聞き分けがよくなると聞いたのに、上の子は今も反抗的な言動が多く、2人の反抗的な態度が重なるとついカッとなり、きついことを言ってしまいます。夫婦とも同じで2人でよく反省していますが、どう気持ちをもっていけばいいでしょうか。

回答

 下のお子さんはまさに反抗期の真っ最中のようですね。お兄ちゃんまでそうなら、毎日さぞ大変でしょう。「それが子供です」とか「大丈夫です」などの言葉はアドバイスにもならない気がしますので言わないことにします。

 反抗期の子供の言動は、冷静に見ると、自分の気持ちを相手に伝えたかっただけのことが多いものです。大人も毎日人に伝えていますが、子供と違うのはその伝え方がうまいこと。「〇〇してもいいですか?」「あ、大丈夫です」「もう結構です」と、上手な言い方でお願いしたり断ったりしています。しかし、幼児はそれができないのです。

 スプーンで食べさせようとしただけで怒ったり、公園で「帰ろうか」と言っただけで寝転がって泣きわめいたりすると、怒りたくなるかもしれませんが、そのときも子供は、「ありがとう、でも自分で食べる」と言いたかっただけ、「もっといたい」という希望を伝えたかっただけで、悪意はないのです。

続きを読む

「エンタメ」のランキング