産経ニュース

【特撮最前線】東映戦隊ヒーロー映画「ガールズ・イン・トラブル」は女だらけの異色作 主演の菊地美香の「デカレンジャー」10年愛

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【特撮最前線】
東映戦隊ヒーロー映画「ガールズ・イン・トラブル」は女だらけの異色作 主演の菊地美香の「デカレンジャー」10年愛

「ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッドEPISODE ZERO」でジャスミン(木下あゆ美)とともに主役を務めたウメコ役の女優、菊地美香(兼松康撮影) 「ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッドEPISODE ZERO」でジャスミン(木下あゆ美)とともに主役を務めたウメコ役の女優、菊地美香(兼松康撮影)

 東映が誇る特撮警察ヒーローシリーズ「宇宙刑事ギャバン」と「特捜戦隊デカレンジャー」が競演する劇場映画「スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー」と、その前日譚(ぜんじつたん)「ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド エピソードゼロ」が17日から同時上映される。「ガールズ…」は出演者が女性だけの異色作。両作に出演し、「ガールズ…」では主役を務める女優、菊地美香(33)に話を聞いた。

10年記念作品でやっと気づいたデカレンの“力”

 「実は(続編に)チャレンジすることには、意欲的ではなかったんですよ。テレビ放送の本編がとてもいい形で最終回を迎えたので、これ以上のものができるのか、すてきな思い出を大事にしたい、という気持ちがありまして」

 「デカレンジャー」(2004年2月~05年2月)でデカピンクこと胡堂小梅(通称ウメコ)を演じた菊地が、「当初は乗り気ではなかった」と話しているのは、「特捜戦隊デカレンジャー10YEARS AFTER」のことだ。テレビ放送10年後の15年にVシネマ用に撮影された作品だ。

 しかし、このとき舞台挨拶付きの上映イベントで全国7都市を回ると、菊地は「“デカレン”の持つパワーと、お客さんの熱意が見事にマッチしたと感じたんですよ」と、10年が過ぎてなお愛されている作品やキャラクターの力を見せつけられた。「なんてすごいことを成し遂げたんだろう」。7都市を回りながら菊地は、事あるごとに感動して泣いたという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 東映戦隊ヒーロー映画「ガールズ・イン・トラブル」は女だらけの異色作 主演の菊地美香の「デカレンジャー」10年愛
  • 東映戦隊ヒーロー映画「ガールズ・イン・トラブル」は女だらけの異色作 主演の菊地美香の「デカレンジャー」10年愛
  • 東映戦隊ヒーロー映画「ガールズ・イン・トラブル」は女だらけの異色作 主演の菊地美香の「デカレンジャー」10年愛
  • 東映戦隊ヒーロー映画「ガールズ・イン・トラブル」は女だらけの異色作 主演の菊地美香の「デカレンジャー」10年愛
  • 東映戦隊ヒーロー映画「ガールズ・イン・トラブル」は女だらけの異色作 主演の菊地美香の「デカレンジャー」10年愛
  • 東映戦隊ヒーロー映画「ガールズ・イン・トラブル」は女だらけの異色作 主演の菊地美香の「デカレンジャー」10年愛
  • 東映戦隊ヒーロー映画「ガールズ・イン・トラブル」は女だらけの異色作 主演の菊地美香の「デカレンジャー」10年愛

「エンタメ」のランキング