産経ニュース

【鑑賞眼】赤坂大歌舞伎「夢幻恋双紙」 作者、俳優が「現代」模索した傑作

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【鑑賞眼】
赤坂大歌舞伎「夢幻恋双紙」 作者、俳優が「現代」模索した傑作

 人間生き直すことができたら! 今の不運をリセットしたい。失恋のつらさを消去して、今度こそもっと巧みに彼女を誘導しよう。現代演劇界の気鋭劇作家で演出家の蓬莱竜太が、中村勘九郎・七之助兄弟の要請を受け、初めて書き下ろした新作歌舞伎「夢幻恋双紙(ゆめまぼろしかこいぞうし)-赤目の転生」は、幼き日の恋のファンタジーを、成人してリアリティーで終局させる物語である。

 江戸時代。貧しい長屋の子供たちが集う原っぱ。不思議な異空間のように子供たち(太郎=勘九郎、剛太=市川猿弥(えんや)、末吉=中村いてう)が転生を繰り返す。核となるのは、長屋へ引っ越してきた歌(七之助)への、太郎の恋心の行く末だ。

 人物設定に巧妙な伏線が張られ、太郎や歌だけでなく、長屋のもう1人の娘の静(中村鶴松)や、歌の兄で酒浸りの源乃助(中村亀鶴(きかく))の描き方も変化する。現代劇で人間心理の複雑さを活写する、蓬莱の真骨頂が貼りつく。

 太郎は最初、グズでのろまで気弱だが、転生によって粗暴な人格に変貌する。一方、源乃助は常に太郎への敵意をむき出しにする。太郎は右目が赤く、源乃助は右目に眼帯をしている。歌の太郎への愛は涼しいが、実の兄へ向けるまなざしは熱い。最後に成人した歌の口からもれる一言が衝撃的。口語せりふにも違和感はなく、歌の父(片岡亀蔵)も含め、作者、俳優全員による歌舞伎の現代を模索した傑作である。25日まで、東京・赤坂の赤坂ACTシアター。(劇評家 石井啓夫)

「エンタメ」のランキング