産経ニュース

【映画深層・動画付き】チベットの風景と普通の暮らしを舞台に描く普遍的な親子の物語 「草原の河」ソンタルジャ監督

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【映画深層・動画付き】
チベットの風景と普通の暮らしを舞台に描く普遍的な親子の物語 「草原の河」ソンタルジャ監督

チベットを描いた映画「草原の河」の1場面 (C)GARUDA FILM チベットを描いた映画「草原の河」の1場面 (C)GARUDA FILM

 チベットというと、どうしても政治や宗教の側面で語られがちだが、この地に生きるチベット人にとっては、家族とともに暮らすごく普通の日常がある。4月29日に東京・神保町の岩波ホールで公開される「草原の河」は、チベット人のソンタルジャ監督(43)が自らの生まれ故郷を舞台に、普遍的な親子の物語を雄大な景色の中で紡いだ作品だ。「人を撮ることで民族の精神や歴史を残したかった」と来日した監督は力を込める。

親のいない子羊をかわいがる6歳少女

 「草原の河」の舞台はチベットのアムド地方で、現在は中国の青海省海南チベット族自治州に属する。見渡す限りの草原の中、羊を放牧して生活しているグルの一家が主人公だ。

 6歳の一人娘、ヤンチェン・ラモはクマのぬいぐるみが手放せず、いまだに母親のおっぱいを恋しがる。離れて暮らす祖父の具合が悪くなり、父親のグルと一緒にお見舞いにいくが、グルは娘1人を行かせて自分はかたくなに会おうとしない。やがて遅い春が来て、放牧地に移動した一家はオオカミの来襲に悩まされる。ヤンチェン・ラモは母親を殺された子羊をジャチャと名付け、かわいがるが…。

 ヤンチェン・ラモもグルもソンタルジャ監督の親戚(しんせき)で、演技経験はない。着ている服も自前のもので、日常の延長線上のような暮らしぶりを、自然な表情とともに映し出す。

続きを読む

このニュースの写真

  • チベットの風景と普通の暮らしを舞台に描く普遍的な親子の物語 「草原の河」ソンタルジャ監督
  • チベットの風景と普通の暮らしを舞台に描く普遍的な親子の物語 「草原の河」ソンタルジャ監督
  • チベットの風景と普通の暮らしを舞台に描く普遍的な親子の物語 「草原の河」ソンタルジャ監督
  • チベットの風景と普通の暮らしを舞台に描く普遍的な親子の物語 「草原の河」ソンタルジャ監督
  • チベットの風景と普通の暮らしを舞台に描く普遍的な親子の物語 「草原の河」ソンタルジャ監督

「エンタメ」のランキング