産経ニュース

【フジサンケイグループ広告大賞(3)】三太郎とは長いつきあいに… KDDI、メディアミックス部門優秀賞

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【フジサンケイグループ広告大賞(3)】
三太郎とは長いつきあいに… KDDI、メディアミックス部門優秀賞

KDDI KDDI

 桃太郎(松田翔太さん)、浦島太郎(桐谷健太さん)、金太郎(濱田岳さん)の、日本昔話に登場する“三太郎”を中心に展開するKDDI「au」のCM。3年目の今年に入っても人気は衰えず、昨年も話題を振りまいた。

 「かつては料金やサービスで各社それぞれの色が出しやすかったのですが、今は差別化が図りづらい。その中でauを選んでいただくにはどうしたらいいか、と考えた広告です」と説明するのはKDDIコミュニケーション本部の矢野絹子宣伝部長だ。

 三太郎シリーズ以前のCMは、auへの加入によるメリットを説明する内容が多かった。だが例えば、同シリーズの会員制プログラム「au STAR」のCMでは、三太郎の長年の友情を描いたストーリー展開と、『長くつきあうとイイコト』というキーワードを基にメッセージを訴求。そのイメージ戦略が奏功している。

 シリーズ3年目を迎え、「みなさんにもなじみが出てきた」と手応えを語る矢野部長は「テレビ、ウェブ、そして新聞と、それぞれ媒体による打ち出し方、楽しまれ方があり、メッセージに合わせて広告を打っています」とも話す。携帯電話の「顧客満足度調査」で1位になった感謝の意を表する広告では「企業姿勢を示すため、信頼性の高い新聞というメディアを選んだ」と明かす。

続きを読む

「エンタメ」のランキング