産経ニュース

ドラマ「女の勲章」銀四郎役・玉木宏「強烈な魅力 のし上がるため渦巻く野心」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


ドラマ「女の勲章」銀四郎役・玉木宏「強烈な魅力 のし上がるため渦巻く野心」

「時代背景とともに服装が変わっていくのもドラマの見どころ」と話す玉木宏 「時代背景とともに服装が変わっていくのもドラマの見どころ」と話す玉木宏

 東大卒で頭脳明晰(めいせき)、ため息がでるほどの美男子-。フジテレビ系スペシャルドラマ、山崎豊子原作「女の勲章」(15、16日2夜連続放送)で、女性を翻弄する野心家を演じる俳優の玉木宏。これまで「いい人」を演じることが多かったが、「こういう役も楽しい」とほほえむ。

 大阪・船場のお嬢様だった大庭式子(松嶋菜々子)は、戦争で両親や家を失い、戦後、神戸で小さな洋裁学校をはじめる。人気を呼び、規模を拡大していく中、右腕となった八代銀四郎(玉木)の策略にはまり、式子と3人のアシスタントの女性は火花を散らすようになる。

 原作について「山崎さんは人間を描くのが巧みです。きれいな面だけでなく、人間の欲深い面もえぐっている」と評する。

 銀四郎は、服地問屋の四男坊で幼少期から劣等感を持っていた。式子に出会い、憧れとともに自身もその世界に近づきたいと思う。

 「単純な見方をすると“ひどい男”なんでしょうね。ただ、彼なりの美学を持っていたと思います」

 ドラマの舞台はファッション業界とあって、主要キャストの衣装は約200着用意された。主役の松嶋が身につける衣装は約60着。

 「松嶋さんは衣装も映えるし、品のあるたたずまいに魅了されます」

 戦後の復興期、勢いのある時代が描かれている。「登場人物のそれぞれに、誰かを陥れるためではなく自分がのし上がるための野心が渦巻いている。強烈で魅力ある作品です」(杉山みどり)

「エンタメ」のランキング