産経ニュース

「二十四の瞳」の小豆島へ寄贈 高峰さん夫妻の遺産、遺言受けて

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


「二十四の瞳」の小豆島へ寄贈 高峰さん夫妻の遺産、遺言受けて

女優の故高峰秀子さんと監督の故松山善三さん夫妻の遺産を巡り、記者会見する養女の松山明美さん(右)と香川県小豆島町の塩田幸雄町長=3日午後、東京都港区 女優の故高峰秀子さんと監督の故松山善三さん夫妻の遺産を巡り、記者会見する養女の松山明美さん(右)と香川県小豆島町の塩田幸雄町長=3日午後、東京都港区

 女優の故高峰秀子さんと映画監督の故松山善三さん夫妻の遺産を、ゆかりの映画「二十四の瞳」の舞台、香川県小豆島町に近く寄贈すると、養女で文筆家の松山明美さん(61)が3日、東京都内で記者会見して明らかにした。

 松山さんは、夫妻が生前、遺産を公的機関に寄贈するとの遺言書を作成していたとし「小豆島は2人が主演女優と助監督として出会った思い出の場所」と同町を選んだ理由を説明。同席した塩田幸雄町長も「光栄でうれしい。日本映画の素晴らしさを国内外に発信する事業に生かしたい」と強調した。

 寄贈するのは、夫妻が晩年を過ごした都内にある自宅の土地、建物の一部のほか、集めていた絵画や骨董(こっとう)品約40点など。同町は今後、遺産の活用方法について検討を進める。

「エンタメ」のランキング