産経ニュース

【ステージ 芸】充実の宝塚人生

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【ステージ 芸】
充実の宝塚人生

「まだまだ私にできることがあると思う」と退団まで進化を目指す朝夏まなと(南雲都撮影) 「まだまだ私にできることがあると思う」と退団まで進化を目指す朝夏まなと(南雲都撮影)

 東京宝塚劇場で開幕する芝居「王妃の館」はコメディー。弱小旅行会社の社長で、ツアーコンダクターのヒロインを演じる。王妃役が続いた実咲にとって、現代の日本人役は久々。

 「自立した女性ですが、必死すぎて周りが見えないおちゃめでかわいい人。楽しみながら演じています」

 神戸生まれ。“笑いのDNA”が自身の中にあると感じる。「集大成の公演で“本当の自分を出す”ことにも挑んでいます」

 平成21年入団。24年に前トップ、凰稀かなめの就任とともに娘役トップに。一昨年から、朝夏の相手役を務める。充実した宝塚人生、「すべての巡り合わせが奇跡」と笑顔を見せた。

●=サーカムフレックス付きa

このニュースの写真

  • 充実の宝塚人生

「エンタメ」のランキング