産経ニュース

テレ朝系19日にドラマ「黒薔薇」 主演・貫地谷しほり

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


テレ朝系19日にドラマ「黒薔薇」 主演・貫地谷しほり

貫地谷しほり=17日、東京・六本木のテレビ朝日(酒巻俊介撮影) 貫地谷しほり=17日、東京・六本木のテレビ朝日(酒巻俊介撮影)

 中学生のときにスカウトされ、女優を志した。当初は「自分は何にでもなれる」と夢見たが、オーディションには「落ちて落ちて、落ちまくった」という。

 「これで最後」と覚悟して臨んだのが、平成16年の映画「SURVIVE STYLE5+」だった。「この映画に受かり、『じゃあ次も』と受けたオーディションが、(貫地谷がブレークした映画)『スウィングガールズ』でした。『お芝居は人に見せるもの。前を向いて、お客さまに顔を見せなさい』と(演技の)先生に言われてから、オーディションに受かるようになりましたね」

 その後、19年のNHK朝ドラ「ちりとてちん」でヒロイン役を射止め、現在放送中の大河ドラマ「おんな城主 直虎」にも出演している。「言ってしまえば、ドラマは嘘の世界。でも、役者の本当の気持ちを伝えないと、(視聴者には)伝わらないお仕事です。どれだけ役と、自分の本当の気持ちとをリンクさせられるのかが大事だと思います」

 最初は裏表のない新米刑事に見える恭子。だが、話が進むにつれ、その恭子自身がどういう人物なのか、よく分からなくなってくる。「白でもなく黒でもない、いわば灰色のドラマを、ぜひ楽しんでいただけたら」(本間英士)

「エンタメ」のランキング