産経ニュース

動物擬人化アニメ「けものフレンズ」ひそかな人気 飼育の園にファンも

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


動物擬人化アニメ「けものフレンズ」ひそかな人気 飼育の園にファンも

動物を擬人化したキャラクターが人気の「けものフレンズ」 cけものフレンズプロジェクトA 動物を擬人化したキャラクターが人気の「けものフレンズ」 cけものフレンズプロジェクトA

 「けものフレンズ」(テレビ東京ほか、火曜深夜1時35分)という深夜アニメが流行している。人の姿をしたかわいい動物たちが、ほのぼのとした会話を繰り広げながら世界を旅するストーリー…のはずが、「人類は絶滅した」など不穏な世界観も漂い、その“ギャップ”が受けているようだ。

 同作は平成26年に始動したゲームや漫画などとのメディアミックス作品で、アニメは今年1月に始まった。主人公・かばんちゃんは「自分が何の動物か」を確かめるため、ネコ科のサーバルを擬人化したサーバルちゃんとともに、巨大動物園「ジャパリパーク」を旅する-という筋書きだ。

 ニコニコ動画の第1話再生回数は300万超え。ネット上では「すごーい!」「君は○○なフレンズなんだね!」など、せりふをもじった言い回しが流行している。歌手で俳優の星野源さんらファンを公言する著名人も少なくない。

 放送開始後、各地の動物園にも影響が表れ始めている。サーバルを飼育する多摩動物公園(東京都日野市)は「放送前後を比べると、サーバルの展示場が混みあっているのは間違いない」、コツメカワウソなどがいる東武動物公園(埼玉県宮代町)は「アニメファンとおぼしき方々を見かけるようになった。じわじわと盛り上がっているのを感じる」とそれぞれ話す。

続きを読む

「エンタメ」のランキング