産経ニュース

【東京新聞「深く反省」】東京新聞女性記者がツイッターで長谷川幸洋氏を批判 「謝罪もせず問題をすり替えるな」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【東京新聞「深く反省」】
東京新聞女性記者がツイッターで長谷川幸洋氏を批判 「謝罪もせず問題をすり替えるな」

東京新聞2日付朝刊1面に掲載された「『ニュース女子』問題 深く反省」と題した記事 東京新聞2日付朝刊1面に掲載された「『ニュース女子』問題 深く反省」と題した記事

 東京MXテレビの番組「ニュース女子」に批判が出た問題で、番組の司会を務める東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹がラジオ番組で反論したことを受け、同紙の女性記者が「謝罪もせず問題をすり替えるな」などとツイッターに投稿していたことが7日、分かった。

 長谷川氏は6日にニッポン放送のラジオ番組に出演し、同紙が2日付朝刊で謝罪記事を掲載したことについて、「言論の自由の侵害」などと発言した。

 女性記者は番組終了後、自身のツイッターに「彼が批判されるのは、社是と違う言論だからでなく、裏付けのないヘイトを垂れ流した故。その理由に一切触れず、謝罪もせず問題をすり替えるな」と投稿した。

 同紙の謝罪記事が掲載された2日にも「ニュース女子」の放送内容について、「批判先の取材を全くせず、沖縄・高江の問題を茶化したかのような特集を作り、地上波で放送した罪は、あまりにも大きい」などと投稿していた。

 ツイッター上のプロフィルによると、女性記者は武器輸出などをテーマに取材活動を行っている。

 1月2日に東京MXテレビで放送された「ニュース女子」では、沖縄県東村高江の米軍高江ヘリパッド建設をめぐり先鋭化する反対運動を特集。反対派について「テロリストみたい」などと表現した。一部の市民団体などから抗議の声が上がり、東京新聞は2日付朝刊1面で、「事実に基づかない論評」が含まれていたとして、謝罪記事を掲載していた。

「エンタメ」のランキング