産経ニュース

ピコ太郎、「PPAP」ピンチ!? 無関係の企業が特許庁に商標出願

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


ピコ太郎、「PPAP」ピンチ!? 無関係の企業が特許庁に商標出願

ピコ太郎 ピコ太郎

 中年歌手、ピコ太郎(53)の大ヒット曲「PPAP」のタイトルやフレーズ「ペンパイナッポーアッポーペン」などが大阪府内の無関係の企業により昨秋、特許庁に商標出願されていたことが25日、分かった。(サンケイスポーツ)

■マネできず、歌えなくなる!? どうなる特許庁の判断…

 ピコ太郎の所属レコード会社も昨秋、「PPAP」を商標出願しているが、「ペンパイナッポーアッポーペン」については出願していない。

 ピコ太郎はこの日、東京都内で行われた男性5人組、Da-iCE(ダイス)の新アルバム「NEXT PHASE」の発売イベントに登場。報道陣から商標出願について質問が飛ぶと、「詳しいことはよく分かりませんが、いろんな同士で『あ~ん』してPPAPすればいい」と語った。

▼【写真】出願された「ペンパイナッポーアッポーペン」。そんなものまで登録…

▼【関連ニュース】「森のくまさん」正しく歌わなきゃ著作権侵害!…パーマ大佐の替え歌、訳詞者が要求

▼【漫画付き】寂しすぎてレズ風俗に…漫画家・永田カビさん、ルポ漫画が大反響

このニュースの写真

  • ピコ太郎、「PPAP」ピンチ!? 無関係の企業が特許庁に商標出願

「エンタメ」のランキング