産経ニュース

藤あや子、55歳限界“背クシー”ドレス披露! 篠原ともえデザイン…「ギリギリまで出しました」

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


藤あや子、55歳限界“背クシー”ドレス披露! 篠原ともえデザイン…「ギリギリまで出しました」

透き通るような柔肌を見せつけたセクシー和風ドレスで、歌手生活30周年曲を熱唱する藤あや子=東京・麻布十番(撮影・宮越大輔) 透き通るような柔肌を見せつけたセクシー和風ドレスで、歌手生活30周年曲を熱唱する藤あや子=東京・麻布十番(撮影・宮越大輔)

 演歌歌手、藤あや子(55)が10日、東京都内で歌手生活30周年記念曲「たそがれ綺麗」(11日発売)の発売イベントを行い、背中を大胆に露出したセクシードレス姿で登場した。衣装を手掛けたのはタレント兼デザイナー、篠原ともえ(37)。色白の肌がまぶしい“妖艶な天女”に変身した藤は「酉(とり)年なので羽ばたいて、天に昇っていきたい」と更なる飛躍を誓った。(サンケイスポーツ)

 節目を迎えたベテランが、メモリアルイヤーにふさわしい豪華衣装で魅せた。

 「この気合の入り方が分かります? ギリギリまで肌を出しました」

 抽選で選ばれたファン100人の前に和風のドレス姿で登場した藤は、照れ臭そうにあいさつ。歌唱中に羽織を脱ぐと色白の背中があらわになる演出で、ファンの視線をくぎ付けにさせた。

 秋田県から上京し、1987年に村勢真奈美名義でデビューして30年。ドレスの衣装は初めてで、「いつもとは違う雰囲気なので、恥ずかしい」と照れ笑いした。

 このセクシー衣装を手掛けたのは、シンガー・ソングライター、松任谷由実(62)のツアー衣装を手掛けるなど、デザイナーとしても活躍中のシノラーこと篠原ともえ。両親が藤のファンで、自身も「演歌の世界をデザインするのが目標だった」ことから昨年1月、舞台公演後の藤の楽屋に訪れ、ラブレターを手渡しながら直談判。熱意に打たれた藤が快諾し、豪華コラボが実現した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 藤あや子、55歳限界“背クシー”ドレス披露! 篠原ともえデザイン…「ギリギリまで出しました」
  • 藤あや子、55歳限界“背クシー”ドレス披露! 篠原ともえデザイン…「ギリギリまで出しました」
  • 藤あや子、55歳限界“背クシー”ドレス披露! 篠原ともえデザイン…「ギリギリまで出しました」
  • 藤あや子、55歳限界“背クシー”ドレス披露! 篠原ともえデザイン…「ギリギリまで出しました」

「エンタメ」のランキング