産経ニュース

NHKの40代男性職員が受信料数十万円を着服疑い 調査中の昨年に死亡

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新


NHKの40代男性職員が受信料数十万円を着服疑い 調査中の昨年に死亡

NHK放送センター=東京都渋谷区(鈴木健児撮影) NHK放送センター=東京都渋谷区(鈴木健児撮影)

 NHKは10日、横浜放送局営業部に所属していた40代の男性職員が受信料数十万円を着服していた疑いがあると発表した。職員は、NHKが調査を進めていた昨年10月中旬に死亡したという。

 NHKによると、職員は平成27~28年、受信契約に関する架空の伝票を複数回にわたって作成。受信料を先払いしている受信契約者らの個人情報を悪用し、契約を解除したように装うなどして払戻金を着服していたとみられる。NHK広報部は、個人情報を悪用された契約者への影響は「ない」としている。

 NHKは昨年10月に内部調査を始めたが、直後に職員は死亡した。NHKは今後も調査を続け、被害額を確定させた上で、遺族らに弁済を求める方針。NHKは「誠に遺憾であり、再発防止に努めます」としている。

「エンタメ」のランキング