産経ニュース

【花形出番です】新春、念願の権八で奮励 歌舞伎俳優・中村隼人さん(23)(4)

エンタメ エンタメ

記事詳細

更新

【花形出番です】
新春、念願の権八で奮励 歌舞伎俳優・中村隼人さん(23)(4)

(荻窪佳撮影) (荻窪佳撮影)

 来年1月2日から浅草公会堂(東京都台東区)で始まる「新春浅草歌舞伎」に4役で出演します。若手主体の公演で、平成24年から出ていますが、これまでは先輩のお芝居の脇を固める立場でした。でも今回、すべて初役で出ずっぱり。

 第2部「鈴ヶ森」は芯となる白井権八役で、初めてチラシの演目名の次に名前が出ました。こんなにうれしいことはありません。外の世界で頑張ったのも、これを目指してのことです。

 権八は前髪だち(若い)のうるわしい男。10代ながら剣の達人ですから、“できる奴”という部分を出しながらも、幡随院長兵衛(中村錦之助)が世話したくなる愛嬌(あいきょう)も必要ですね。(中村)梅玉(ばいぎょく)のおじさんに教えていただきますが、包容力のある長兵衛に対し、とがっていけたら。立ち廻りでは腕が飛んだり、足が切れたりしますが、歌舞伎的様式美で面白く見せる演目です。

 ほかに、第1部「傾城反魂香」でご注進役、第2部の「角力場」で上方のぼんぼん役、「棒しばり」で大名役と、いずれも毛色が違います。先輩方のご指導を仰ぎ、演じ分けたいです。

 振り返ると、役が付かないことに慣れそうになった時期もありましたが、それを(片岡)仁左衛門のおじさんや(市川)猿之助のお兄さん、(市川)染五郎のお兄さんが役を付け、引っ張ってくださった。その思いを無にせず、来年も貪欲に挑戦し続けたいです。

                   

 新春浅草歌舞伎は1月26日まで。(電)0570・000・489。

 =1月は尺八奏者、川瀬庸輔さんです。

「エンタメ」のランキング